クラスTシャツのデザイン案のポイント

クラスTシャツのデザイン案のポイント

『クラスTシャツのデザインを考える』

クラスTシャツと言えば、学校の大きな行事には欠かせないアイテムとして大活躍していますね。近頃では、仲間意識や活動の活気を高める為に、お揃いのTシャツを作りたいと考えている会社も増えているそうです。そんな大人気のクラスTシャツは、自分達が考えたオリジナルのデザインや、会社であれば自社のロゴを入れたオリジナルのデザイン等、Tシャツを見た人がパット目を引いたり、自分達の存在を存分にアピール出来たりしますよね。しかし、デザインしたものが相手に悪い印象を与えてしまっては意味がありません。良い印象で強いインパクトを与えられるデザインにしたいですよね。今回は、クラスTシャツを作るにあたり、デザイン案のアドバイスと気を付けた方が良い事についてご紹介していきたいと思います。

『詰め込み過ぎるデザインは控える』
クラスTシャツをいざ作ろうと思った時に、やはり一番に考える事はTシャツのデザインではないでしょうか。色々デザイン案も出てくるけれど、どれも捨てきれなくて色々デザインを盛り込んでいく内に、気付いたら多くの情報をデザインの中に詰め込み過ぎていた…なんて事が起こってきます。自分達でオリジナルデザインをする際は、デザインを沢山詰め込まないデザインにする事が鍵です。
その理由は、折角自分達が細部に迄こだわってTシャツのデザインを考えたとしても、細か過ぎてしまうはプリント不可能なケースあります。それに、色付けに関しても、カラーグラデーション、ぼかし効果等を行っていない業者も沢山あります。自分が依頼している業者によっては、Tシャツのデザイン変更をやむを得ずしなくてはいけない場合も出てきます。なので、前以ってどこまでプリントが可能であるか確かめておくと良いでしょう。自分にとっても、自分が依頼する業者にとっても、お互いに無理の無い可能な範囲の中で、詰め込み過ぎないデザインを目指して考えみて下さいね。
まずはデザインのイメージを自分達の目的に沿って膨らませて、いくつか手描きで紙に描いてみると良いです。Tシャツにプリントしたい文字やロゴが決定しているのであれば、文字の書体・カラー・サイズ等を色々変えてバランスも見ていきましょう。きっと今の自分達にしか表現でき無いTシャツデザインになります。

『コンセプトを固めてからデザインを考える』
ただ適当に何も考えずにデザインを奇抜にしてみたり、可笑しなデザインにしたり、Tシャツを作るコンセプトが無い場合、人目は惹くかも知れませんが、結論から言えば、それは沢山の人に興味や関心を持って見てもらえるインパクトのあるTシャツにはならないのです。
最初に、自分達が周りにアピールしたい事、どのような人にTシャツを見て欲しいのか等、しっかり整理した上で、コンセプトを固めてみましょう。デザインの意図している事がハッキリ相手に伝わると言う事は、自分達の個性を相手が理解していると言えます。
デザインのセンスでTシャツの印象というのは、かなり表情が変わるアイテムになります。なので、仲間で着用するデザインを練る時は、仲間からの沢山のアイディアをまとめて厳選されたデザイン案を取り入れるようにしましょう。兎に角Tシャツで誰からも目立つ物を作りたい場合は、自分達のアピールしたい所をしっかり押えた上でデザイン戦略を考えるようにして下さいね。

『実際にTシャツにプリントされた時の画を想像する』
Tシャツを作る際に気を付けて欲しい事は、プリントする位置です。同じサイズのTシャツであれば配慮もそこまで注意深くする必要は無いのですが、大きさの異なるTシャツでプリントの発注をしている場合は十分に配慮して下さい。
クラスTシャツを制作するにあたり、業者に前以ってデザインの位置を決めて依頼していますよね。しかし、デザイン自体のサイズは同じですが、Tシャツの大きさが変わる事で完成の仕上がり違いが生じてくるのです。
例えば・・・
[胸元にワンポイントのデザインをプリントする場合]
胸元にワンポイントのデザインをプリントする場合、プリントする位置を慎重に選んでおかないと、仕上がったTシャツを見た時、自分が思っていたよりも外側の位置にデザインがプリントされてしまうケースが発生してしまう事が多くあるようなので気を付けましょう。折角自分達でデザインしたワンポイントデザインが脇の下や、外にずれてはみ出していたら、見えにくいしみっともないですよね。そうはなって欲しくないので、一回デザインを実物のサイズにプリントアウトし、Tシャツと合わせてみてデザインされる位置を確かめると良いです。業者に依頼をする際は、デザインバランスの調節を行ってから依頼をかけるようにして下さい。

『既存のデザインを活用してデザインする』
クラスTシャツのデザインに関しては、デザインのアプリやエディターサービスを活用してデザインする事が可能です。いくら一生懸命デザインを考えても良い案が出てこない時は、オリジナルTシャツデザインを作る為の専用ソフト・アプリ等に頼る事も一つです。どんな人でもお手軽にプロがデザインしたようなデザインをソフトやアプリの中から選んで、それをTシャツのデザインに取り入れる事が出来ます。

[
サービスの特徴]
デザインが苦手な方も簡単にデザイン出来る
・気に入っている写真・画像をアップロードしデザインに取り入れる事が出来る
・スタンプで装飾も出来る
制作したTシャツの売買が出来るケースもある
・自分がアプリ上で作成したTシャツを出品する事が可能
・アプリ上で気に入ったデザインのTシャツを購入する事が出来る
このように、アプリ上で他の人が手掛けたデザインを拝見出来たりするので、発想の参考にもなるので、より良いデザインが思い浮かぶ材料にもなってくれますよ。
種類豊富なデザインサンプルがある
デザインを考えるのが苦手な人にはピッタリです。デザインサンプルにも色んなジャンルにカテゴリー分けされており、スタンプの種類も沢山あるようです。また、サンプルのデザインをそのまま活用出来るものも取り揃えがあったりします。
これらの豊富なデザインバリエーションデザインを上手に組み合わせていけば、簡単にクラスTシャツのオリジナルデザインを作る事が可能なります。
※業者へ手書きデザインを送った場合、プ業者が抱えているプロデザイナーが依頼者からのデザイン画を元にデザインを起こしてくれたりもします。

『デザインの著作権には気を付ける事』
クラスTシャツの魅力は何と言っても、「自由なデザイン性」だと思いますが、しかし何でも良いと言う訳では決して無く、その理由には、著作権の問題が発生しています。良く人気キャラクターや歌の歌詞等を許可を得ずにデザインに使用してしまい著作権の侵害で罰則を受ける事があります。
実は、人気キャラクターやブランドのロゴに似せたパロディ画に関しても気を付ける必要があります。デザインの見本として活用したいネタが分かっている場合は、著作権の承諾許可をもらわなければなりません。依頼を受けた業者側も責任を負い兼ねる為、デザインを受け付ける事が出来ない所もあるようです。
 
皆さん、クラスTシャツを作るにあたって、デザイン案のアドバイスや気を付ける事をお伝えしてきましたが参考になりましたか?ここでお伝えした事も配慮しながら、是非たった一つしかないクラスTシャツを作ってみて下さいね。


学校関係者専門クラスTシャツ製作|ノーブル